お年寄り

病気と向き合うために

早期発見、早期治療が大切です。梅毒はコンドームなどの感染予防対策をきちんと行ないましょう。大切なパートナーを守ることに繋がります。

尿漏れトラブルはこちらで解決しましょう。あなたが悩んでいる問題をすぐに解決する知識を集めていますよ。

気をつけたいこと

男性

尿漏れを発症したら注意したいのが水分摂取量についてです。水分の摂りすぎは排尿を促しますし、摂らな過ぎは便秘などを引き起こす原因にもなります。便秘は尿漏れと密接な関係にあるわけですから、適切な水分量を摂ることが重要になってきます。尿漏れは生活習慣によって症状が悪化し、少しずつ生活の質を下げるようになります。通勤電車に揺られる車内、頻繁にはトイレにいけないオフィス、このような状況が長く続くようであればいつ仕事や生活に影響が出てきてもおかしくありません。特に、女性は尿漏れに関しては羞恥心を感じやすく、なかなか医者に相談することができないということも考えられます。なるべく悪化しないように努めながら、少しずつ改善しようと意識することが大切となります。

向き合うために

尿漏れを経験したことがある人でも、一時的なものだと思い込み病院に相談しないケースというのはままあることです。特に、腹圧性尿失禁は特定のケースでしか発症しないことからなかなか問題視しにくいという点があります。尿漏れだと自覚し始めた時には、すでに生活に何らかの支障が出ている可能性が考えられます。ただでさえいつ尿が漏れるのかわからない状況ですから、日々生活の中で不安を感じることは当然あるものと思います。尿漏れは残念ながら自然に治るような病気ではありません。必ず医者のもとで診察を受け、適切な治療を受けるべきです。相談しにくいなどの理由がある場合は、事前に電話で確認しておくと非常にスムーズです。自己判断しにくい病気でもあるので、まずは専門家から意見を聞くことを優先して欲しいと思います。

尿関連のトラブル

医者

排尿障害を引き起こす病気には、様々な種類のものがあります。ただの膀胱炎だと思っていたところ、本当は膀胱癌だったというケースが実際にありますので、気になる症状がある人は泌尿器科で検査を受けるようにした方がよいです。池袋には評判の良い泌尿器科クリニックがたくさんあります。

詳細を確認する

病気だと感じ始めたら

看護師

尿漏れは咳やくしゃみなどの腹圧で漏れやすい、トイレが遠いと不安にかられやすい、病気と自覚するまで遅いため治療が遅くなりがち。排尿時に力を入れないと出来ない、または途中で途切れたり残尿感が残る場合も尿漏れである可能性が高い。尿意がありながら我慢できない場合も同じ。

詳細を確認する

デリケートな症状への対策

悩んでいる女性

出産経験のある女性は特に、尿漏れに悩む人が多いです。意識はしていても、動いたりしたときに不意に漏れてしまうことから、不安になる人もいるでしょう。こういった尿漏れは、自分で防ぐ努力もできますが、症状によっては病院での治療が最適となるので気を付けましょう。

詳細を確認する