Crime prevention

様々な種類の防犯カメラ

最近では一般邸宅にも導入されるようになるほど、防犯カメラの普及にめざましいものがあります。そして、実は防犯カメラと一口に言っても様々なタイプがあり、種類によって性能や価格も異なります。これから紹介するのは、その中でも人気のドーム型とボックス型の防犯カメラです。

ドーム型とボックス型を比較!

ドーム型

比較的に新しいタイプで最近よく見るようになったドーム型は、半球型のシールドがついた防犯カメラです。ドーム型は広角なレンズが採用されており、1台のみでも広範囲を監視することが可能です。また、見た目に威圧感がないことから、商業施設やオフィスなどに使われていることも多いです。

ボックス型

一方、ボックス型は古くからあるタイプの防犯カメラで、高所に設置することで画角のエリアを監視するといった運用のされ方が多いです。ボックス型はレンズが固定焦点のため、一定箇所しか監視できないものの、見た目で監視カメラとわかるために犯罪の抑止力となりえます。主にコンビニに導入されることが多いです。

監視カメラと警備会社を利用しよう!住宅を守るためにできること

防犯カメラ

住宅の安全を守る監視カメラ

近年、様々な事件が多発する中、自分自身やご家族の安全を守るために、監視カメラを導入するケースも増えています。監視カメラは犯罪が発生した時の証拠映像を録画することが大きな目的ですが、設置すること自体にも意味があります。例えば、玄関前に防犯カメラが設置されている建物であれば、防犯対策がされてると思い、誰もその住宅で犯罪しようとは思わないはずです。つまり、監視カメラを設置するだけでも、犯罪の抑止力になるということです。

セキュリティ向上なら業者が1番

監視カメラ・防犯カメラだけでは、防犯対策に不安があるという場合、警備会社のホームセキュリティーを利用することをオススメします。ホームセキュリティーは個人住宅や店舗・事務所を対象としており、特殊なセンサーやカメラなどで24時間体制で対象の建物を守り続けます。当然、ホームセキュリティーを維持するためには費用が発生しますが、実際のところ、料金はそこまで高くありません。住宅の安全を長期間守りたいという方はホームセキュリティーをご検討ください。

[PR]
ホームセキュリティーの必要性を解説!
もしもの事態に備えておこう

防犯に役立つグッズ3選!

センサーライト

手ごろな価格で購入することができるセンサーライトは、防犯グッズでも重宝されるものです。センサーライトは赤外線センサーを搭載しており、センサーに反応した時点でライトが光ります。突然、ライトアップされた不審者は間違いなく逃げるはずです。

防犯フィルム

空き巣の場合、窓から侵入するケースも多いです。しかし、防犯フィルムを貼っておくことでガラスの強度が向上し、簡単に破壊されることを防止します。ガラスフィルムは360ミクロンで3600円程度と少々高いですが、防犯グッズの中でも高性能です。

防犯用の砂利

主に一戸建て住宅の対策方法になりますが、防犯用の砂利も安価で効果の高い防犯グッズです。防犯用の砂利を踏むだけで周囲に音が響き渡るので、不審者を早期発見することが可能です。また、バリエーションも豊富にあり、庭のお手入れにもオススメできます。

[PR]
監視カメラをオフィスに設置!
セキュリティを万全にしよう

[PR]
警備会社との契約を検討しよう
さまざまなサービスを提供中

広告募集中