お年寄り

デリケートな症状への対策

出産後の女性に多い症状

悩んでいる女性

尿漏れを経験してしまう人は多く、特に30代以降の女性に目立ちます。その原因が、出産により下腹部の内蔵を支えている骨盤底筋が緩みだし、更に老化で症状が進んでしまうからです。尿漏れは、立ち上がったときや笑ったときなどに不意に漏れてしまうことが多いです。そのため、下着が汚れてしまうこともあり、ひどい人は外出できない人もいるほどです。このような尿漏れを想定して、下着をガードしてくれる尿漏れ専用の吸水シートなども充実してきました。女性でも抵抗なく使えるように、デザインや機能が工夫されています。昔と違って高齢出産が当たり前となってきたので、老化と重なって尿漏れの症状に悩む人が増えてきています。出産をしても社会で働く女性は多いので、尿漏れ対策には気を付けなければいけません。

症状によっては治療が必要

尿漏れを防いでいくには、骨盤底筋をきたえることです。これには、下半身に集中したストレッチなどが効果的で、膣を閉めるような動きが緩みを引き締めてくれます。短時間でも効果が期待できるので、これを習慣にしていけば尿漏れも解消されてくるでしょう。しかし、症状がすでにひどい人は、泌尿器科で診察してもらうことができます。病院で診てもらうことに抵抗のある人もいるかもしれませんが、こういった尿漏れで通院している女性患者は多いです。適切な指導のもとで治療が行われるので、安心して受けていくことができます。いつまでも治療にためらっていては、症状はどんどん悪化してしまいます。ひどい状態になると、外科的な手術が必要な場合も出てきます。女性だからこそデリケートな問題かもしれませんが、快適な生活を目指して、前向きに治療に励んでいきましょう。