お年寄り

尿関連のトラブル

排尿障害が起こる病気とは

医者

尿意を感じてトイレに行ってもなかなか尿が出ない、排尿時に痛みがある、尿に血が混じる、残尿感がある、とにかくトイレが近いなどといった症状がある人は、一度泌尿器科を受診して検査を受けてみた方がよいです。排尿障害を引き起こす疾患には、様々な種類のものがあります。比較的簡単に治療することができ、予後も良い疾患であるケースが多いですが、悪性疾患の可能性も否定しきることができませんので、精密検査を受けてみるのが一番です。具体的には、膀胱炎や過活動膀胱、前立腺肥大症、腎癌、膀胱癌、前立腺癌などの疾患が考えられます。何が原因で排尿障害が起きているのかを調べてみないことには、適切な治療を行うことができません。泌尿器科を受診するのは恥ずかしいと言う人が多いですが、どこの医療機関もそのような患者の心情を配慮した診療を心がけています。

女性用クリニック

多くの泌尿器科が、男性の勃起障害や性病治療、包茎治療なども取り扱っています。そのため、泌尿器科は男性が受診する診療科といったイメージを持っている人が少なくありません。女性でも、排尿に関する悩み事を抱え込んでしまうことがありますが、泌尿器科の敷居が高すぎて受診することができないという人がたくさんいます。そのような女性のために、池袋に女性専用の泌尿器科クリニックが誕生しました。池袋には昔から数多くの泌尿器科クリニックがありますが、どこも男性患者で溢れているのが実情です。その中に女性が1人で入っていくためには、相当の勇気がいります。でも、池袋に女性専用クリニックが誕生したおかげで、女性でも泌尿器科の治療を受けやすくなりました。女性専用クリニックを望む声はかなり大きいので、今後は池袋以外の場所にも、女性専用の泌尿器科クリニックが作られるだろうと考えられています。